障がい者雇用への取り組み


支援学校生の就労支援にも取り組んでいます

お掃除のすばらしさ・楽しさを、やりがいを、体験を交えて伝えながら、たくさんの働く気持ちや可能性を応援していきたい。そんな思いから、社内に障がい者担当を配置して、現場の指導リーダー育成や高等支援学校への清掃指導、インターンシップ制の導入など、受け入れ体制の構築にも力を入れています。

多くの支援学校生の就業につなげるために

高等支援学校を訪問しての出前授業や職場実習の受け入れ提案、沖縄障がい者職業センターや就労支援NPO法人などと連携した業務指導なども行っています。
また、職場適応援助者(ジョブコーチ)を積極的に利用し、障害特性を踏まえた雇用管理や職務設定への専門的な助言や支援などで、職場環境の向上につとめています。

全国アビリンピック2018 沖縄大会出場(ビルクリーニング部門)
平成30年11月4日(日)